外国人技能実習制度とは


日本で培われた技能、技術または知識を開発途上国へ移転を図り、外国人の人材育成・経済成長を支援する国際貢献を目的として創設された日本国の制度です。

一般的に受け入れ可能職種に該当する企業様は、当組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入れることが可能です。

外国の若者に技術を取得してもらい、帰国後に日本で習得した技術を活かせるよう産業発展の担い手を育てます。

また、組合員様においても外国人技能実習生の気質やビジネス上の人格を知る良い機会になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする